ロゴ
HOME>特集>土地買取を希望しているなら【事前に豆知識をチェック】

土地買取を希望しているなら【事前に豆知識をチェック】

工事現場

仲介と買取の違い

土地を売りに出したいときには、二つの方法があります。一つは仲介という方法です。もう一つは買取です。この二つはどう違うのでしょう。仲介は土地を売りに出して、不動産業者が広告を出して、買主が見つかったら売買成立となります。買取はその売りに出した土地を、不動産業者が直接買い取ってしまうことを言います。買い取られた土地は不動産業者により、修繕され再び売りに出されたり、賃貸に出されたりして利用されます。買取のメリットは、現金化することが速いという事です。仲介の場合ですと、少なくとも買主が見つかるまでは現金化できません。ですから、いち早く現金が必要な場合には、買取の制度を利用すると大変速くて便利なのです。

空き地

土地買取の流れ

買取の流れを紹介します。まずは売りに出したい土地を購入してくれる不動産会社を探します。見つかったらそこの担当者に土地の値段を査定してもらいます。査定の方法はいくつかありますが、それに合った方法を選んで査定します。そして売買金額を出して、売主が納得いくようであれば、売買成立となります。その後、口座に現金が振り込まれることになります。出来るだけ高く買い取ってもらいたいならば、その土地の近辺で開業している不動産業者に買取を依頼するのがベストです。なぜならば、その土地のことを知り尽くしているために、適正な値段で買い取ってくれるからです。もう一つ大事なことはかならず1社に頼むのではなく、相見積もりを取ってもらいましょう。業者によって買取の値段は全く違うこともありますので、面倒かもしれませんが大事なことです。